お知らせ

2022年08月01日
夏休みの宿泊について
2022年07月15日
ちの割について
2022年07月14日
信州割スペシャル 延長について
2022年06月21日
信州割specialの延長について
2022年05月20日
信州割の期間延長について
» 続きを読む

~標高1500m 野生動物が訪れる高原の宿~

「じゃらんアワード じゃらんOF THE YEAR 2021 泊って良かった宿大賞 関東甲信越地区 50部屋以下 総合部門1位」を受賞致しました。ちなみに朝食部門でも2位、夕食部門でも3位を頂きました。

これはひとえにたくさんのお客さまにお越し頂き、そして素敵な口コミをたくさん投稿して下さったおかげです。みなさまのおかげで受賞出来ました。本当にありがとうございました。
これからも変わらず頑張っていきたいと思います。
これから初めて来られようとしている方へ。
山奥の小さな小さな宿です。夫婦二人でやっていますので細かな対応が出来ないところも多々あるかと思います。大きな期待をなさらず軽い気持ちで来ていただけたら嬉しいです!

 



庭には2箇所のテラスや散策路・ハンモック、ブランコがあり、季節の野鳥・動植物を観察できます。
数年前からコツコツ始めていました、客室、ダイニングルーム、各トイレ、脱衣場、廊下、玄関扉等のリフォームがほぼ完成いたしました。
庭のカラマツや長野県の木材をたくさん使用した木のぬくもりあふれる内装に仕上げたつもりです

久々の雪の深い冬を越し、新緑に包まれています。6月に入り晴れた日はエゾハルゼミの大合唱が鳴り響いています。庭のレンゲツツジも咲き始めました。



タヌキ  ほぼ毎晩顔を出してくれています。8月1日よりこの夏に産まれた子タヌキ2匹も顔を出してくれています。
アナグマ 3月中旬より冬眠から覚めました。今では週に2回ほど顔を出してくれています。いつも来るのは食欲旺盛な大きな奥      さん。時々細身の気弱な旦那さんも顔を出してくれます。
テン   冬は毎晩顔を出してくれていましたが、夏場はすっかり顔を見せなくなりました。12月にまた会えるのを楽しみにして      います。
リス   朝と15:00~16:00頃に1日に2回ほど顔を出してくれます。


※東急リゾートタウン内で鹿がたくさん現れます。カーブの内側に群れがいたり、急に飛び出して着たり危険なこともありますのでゆくっり運転してきてください。ペンションの庭でも今年も度々鹿の親子が出てきています。

 

          ご宿泊の方は必ず目を通してください

〇チェックイン   15:00~  
〇チェックアウト  ~10:00

〇夕食の時間    18:30~
〇朝食の時間    8:00~

※お食事の時間は前後できません。
(詳しくは「ご利用案内」をご覧ください)

〇現金払いもしくはPayPayのみでクレジットカードの利用はできませんゃらんでご予約される際に「オンラインカード決済」をお選びいただく事で事前にカードでお支払いいただく事も出来ます。

〇バスタオル・タオル・ハブラシのご用意はありますが、パジャマ・浴衣はございませんのでお持ちください。(浴衣は有料貸し出しあり)

〇カーナビに「住所」、「電話番号」を入れると違う場所に誘導されることがあります。
(詳しくは「トップページ→メニュー→アクセス」をご覧ください)

〇当館は全室・館内すべて禁煙です。


 

新型コロナウイルス対策について

・以前は20名ほどだった定員を10名前後のお客さまに減らして営業しています。

 

・2名様以上のグループ(お友達)でのご宿泊はできません。ご家族でしたら5名様までご宿泊になれます。

 

・乳児、幼児、小学生のご宿泊はお断りしています。

 

・玄関、客室、ダイニングルームに消毒液を設置しています。

 

・ダイニングルームにて2台のプラズマクラスター空気清浄機を稼働させ、同時に加湿を行い湿度管理に努めます。・各客室にもプラズマクラスター空気清浄機(加湿機能付き)が設置してあります。

 

・館内は寒くない日は随時換気を行い、寒い日は適宜換気を行っています。

 

・お客様が入浴される度に浴室の清掃、消毒を行っています。

 

・お食事の配膳時は従業員はフェイスシールドを付けて接客いたします。お料理の説明等は省略させていただきます。

 

・チェックイン時に検温をさせて頂いています。

 

・お食事の時以外はマスクの着用をお願いいたします。

 

・食事の時の座席は飛沫感染を予防した形をとります。

 

・従業員に体調不良があった場合、お客様に感染者が出た場合等は臨時休館とさせていただく場合もございますのでご了承ください。

 

ちらこちらのコロナ対策を参考にしながら考えられる対策を極力取って営業をしているつもりです。ただ、どんなに対策を頑張っても万全ということはないと思っています。宿側とお客さま両方が気を付けてこそ感染の確率が低くなるものと思っています。どうかご理解ご協力頂ければと思います。

じゃらん



じゃらん

じゃらん